英才個別学院 梅島校

東京都足立区梅島1-13-18原田ビル3F
東武スカイツリー線 梅島駅 徒歩1分

TEL:03-5888-1400
資料請求
2016年12月21日

区立小・中学校の入学説明会日程

平成29年度に区立小・中学校に入学する児童・生徒の入学説明会日程が、足立区から公表されました。

入学式

梅島周辺の小・中学校の日程は以下の通りです。

<小学校>

梅島小:2月8日(水)、受付開始14:30

梅島第一小:2月7日(火)、受付開始15:00

梅島第二小:2月23日(木)、受付開始14:45

亀田小:1月31日(火)、受付開始14:45

<中学校>

足立四中:2月17日(金)、受付開始15:10

足立七中:2月10日(金)、受付開始15:00

足立九中:2月16日(木)、受付開始14:30

足立十中:2月18日(土)、受付開始14:45

説明会場や持ち物は足立区のホームページに掲載されていますのでご確認ください。

来春、新小学生、新中学生になる皆さん。

入学式が待ち遠しですね!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
英才個別学院 梅島校

【授業時間】
<月~金>
①17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25
<土>
①15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

http://eisai-umejima.com/
住所:東京都足立区梅島1-13-18 原田ビル3F
TEL:03-5888-1400
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年12月21日

大学受験と高校受験の違い

大学受験と高校受験はどこが違うのでしょうか。

「大学受験の方が難しいに決まっている」という声が聞こえてきそうです。

%e8%b5%a4%e6%9c%ac

では、大学受験の難しさはどこにあるのか。

それは“総合力の問われ方が高校入試の比ではない”という点にあります。

これだけでは良く分からないと思いますので、数学を例に説明します。

大半の高校の入試問題では方程式、関数、図形という具合に単元ごとに出題されます。

一部、関数と図形が組み合わさった問題が出ることはありますが、単元の垣根を越えた複合的な問題はこの程度です。

 

これに対して大学入試では単元の垣根を越えた問題が数多く出題されます。

例えば、三角関数や積分した面積の最大値、最小値を求めるのに2次関数に置き換えて解くといった問題です。

英語はどうでしょうか。

高校入試の文法問題でも受験生が「これは比較の問題だ」とか「これは関係詞」とか自分で判断して解きますよね。

しかしながら中学校で学ぶ文法の量はそう多くはありません。

そこそこ英語ができる生徒ならば判断に迷うことはないはずです。

一方、高校では比較にならないほどの文法を学びます。

特殊な構文もたくさん出てきます。

出された問題に対してどの文法事項なのか、膨大な知識の中から瞬時に判断する力が求められます。

「範囲が決まった高校の定期テストでは良い点が取れるのに模試になるとからっきしダメ」という人は私が言いたいことが分かりますよね。

高校で学んだ基礎がある程度できている人は、総合力を駆使する演習が受験勉強の中心になります。

基礎ができていない人は、まず基礎作りから始めて、それから総合力を磨くという2段階が必要となるのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
英才個別学院 梅島校

【授業時間】
<月~金>
①17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25
<土>
①15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

http://eisai-umejima.com/
住所:東京都足立区梅島1-13-18 原田ビル3F
TEL:03-5888-1400
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年12月21日

足立区内の中学生の学力、今年も全国平均以下

毎年4月、文部科学省が全国の小学6年生と中学3年生を対象に実施する「全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)」。

文科省は全国平均と都道府県ごとの平均正答率を公表します。

足立区は毎年、区の平均正答率も公表しています。

平成28年度の結果を見ると、足立区内の中学生は4種類のテストすべてで全国平均を下回りました。

昨年度の結果でも、すべてのテストで全国平均を下回っており、足立区の中学生の学力不足は深刻です。

この全国学力テスト、小6は国語2種類、算数も2種類、中3は国語2種類、数学2種類で構成されています。

1221

足立区の小学生の場合、全国平均を下回っているのは国語のB問題のみ。

なぜ、中学生になると全国平均を下回ってしまうのでしょうか?

 

深刻なのは数学です。

足立区の分析によると、特に関数が弱いようです。

上の表を見れば分かる通り、東京都平均はどのテストも全国平均を上回っています。

足立区の中学生は、都内の同学年と比べて自分がどのレベルの学力なのかを知っておかねばなりません。

学校の成績だけで満足せずに、模試を受けて真の学力を測っておく必要があります。

英才個別学院梅島校では中1の段階から模試を受けてもらっています。

その結果と学校の成績とを総合判断して進路指導をしているのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
英才個別学院 梅島校

【授業時間】
<月~金>
①17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25
<土>
①15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

http://eisai-umejima.com/
住所:東京都足立区梅島1-13-18 原田ビル3F
TEL:03-5888-1400
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年12月20日

高2の皆さん、いつから受験勉強を始めますか?

高校2年生の皆さん。

高校生活も折り返し地点を過ぎました。

そろそろ大学受験を意識しているのではないでしょうか。

では、いつから受験勉強を始めるべきか、今回はそのお話です。

猛勉強

来年1月14日と15日に大学入試センター試験が実施されます。

高3の先輩たちが本番に挑戦するその日から、高2の受験準備が始まると思ってください。

もちろん、これから高校で学ぶ科目は残されています。

一方で、既に学び終えた科目、ほぼ学び終えた科目もあります。

数学ならⅠとA、ⅡとB。

英語なら文法を教わる英語表現Ⅱは終盤に差し掛かっているはずです。

国語の古文も活用や主な古文単語などは履修済みでしょう。

これら高校で学び終えた科目から、受験勉強に取り組みましょう。

もちろん、最初から入試レベルの問題を解くのは無理です。

学校で使っている問題集より少々難しい問題集を選んで、自宅での勉強を開始して下さい。

とはいえ、いきなりアクセル全開で机には向かえません。

まずは、年間の勉強スケジュールを立てましょう。

ひとつアドバイスをするなら、センター試験レベルが目標となります。

高3の夏休みまでにセンターレベルの問題をどれだけ解けるようにするか。

目指す大学によって目標を立ててください。

「そんなこと言われても、自分では計画が立てられない」

そうした高2の皆さん、お近くにお住まいなら一度英才個別学院梅島校に足を運んでみてください。

当教室の生徒の約半数は高校生です。

これまでも多数の高校生を指導してきたノウハウを基にアドバイスいたします。

大学受験へ向けて通塾をお考えなら、決して後悔させない自信があります。

次回のブログでは高校受験と大学受験の違いについて解説します。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
英才個別学院 梅島校

【授業時間】
<月~金>
①17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25
<土>
①15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

http://eisai-umejima.com/
住所:東京都足立区梅島1-13-18 原田ビル3F
TEL:03-5888-1400
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年12月20日

給付型奨学金の骨子固まる

政府は、返済不要である公的給付型奨学金の導入に向けて検討を進めています。

この度、文部科学省の検討チームが、その制度の骨子を固めて公表しました。

1220

給付型奨学金は、経済的な理由で進学を断念せざるを得ない方を後押しする制度です。

対象となるのは住民税が非課税の世帯の、大学や短大、高専、専門学校に通う学生です。

国公立の学校に自宅から通う場合は月2万円、国公立に自宅外から通う場合と私立に自宅から通う場合は3万円、自宅外から私立に通う場合は4万円を毎月給付します。

児童養護施設出身者は、入学金相当額を追加で給付します。

給付型奨学金を受けられるためには、在学している高校から推薦を受ける必要があります。

つまり、相応の学力を要求されるわけです。

平成29年度から、自宅外から私立に通う学生と、児童養護施設出身者を対象に、先行して給付。

本格導入は平成30年度からとなります。

平成29年度からの先行実施では約2500人が対象となる見通しですが、財源の問題も残されています。

平成30年度からの本格導入で、どれだけの学生が救われるのか注目されますね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
英才個別学院 梅島校

【授業時間】
<月~金>
①17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25
<土>
①15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

http://eisai-umejima.com/
住所:東京都足立区梅島1-13-18 原田ビル3F
TEL:03-5888-1400
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

個別指導の「英才個別学院梅島校」ではお子様の学習に役立つ情報をブログで配信しております

「英才個別学院梅島校」では、受講生の皆様はもちろん、全ての頑張る小学生、中学生、高校生とその保護者の方に役立つ情報や、学習塾の情報をブログにて配信しております。
ブログではホームページ上では載せきれない、詳細なご案内やレポートなども掲載しております。たとえば、春休み、夏休み、冬休みに行われる春季・夏季・冬期講習のご案内がございます。日頃、個別指導の学習塾に通われない方も、この時期だけ特別に受講が可能ですので、長期休みを利用した学習のフォローと成績アップにご利用ください。
また、大学受験の情報も豊富で、今年の人気大学などのご紹介もしております。そのほか、受験前の心得や体力維持や健康管理の秘訣など、受験勉強に欠かせない事柄も学習塾ブログでお伝えしております。

詳しい資料の請求またはお問い合わせ TEL:03-5888-1400メールでのお問い合わせはコチラ

back to top