変わる中学校での指導内容【数学】

変わる中学校での指導内容【数学】

今年の4月から始まる新年度から、中学校における指導内容が大きく変わるのをご存知ですか?

文部科学省が10年ぶりに学習指導要領を改訂し、その実施がこの4月からとなるのです。

教科書もこれまでとは大きく変わり、大半の教科で学ぶ範囲が増えます。

今回は数学を例に、どのように変わるのかをお伝えします。

まず目につくのが統計に関連した内容の充実です。

中1では累積度数を新たに学びます。

中2になると四分位範囲や箱ひげ図を学びます。

これらは現在、高1の数学Ⅰで学ぶ範囲です。

また、中2では証明を学ぶ単元に「反例」という用語が出てきます。

この他、これまで中学校で学んでいた内容が小学校へ移行されたり、中学校の学年間で移行されたりする内容もあります。

学習した内容を日用生活につなげて考える問題も、教科書の章末に掲載されます。

思考力や判断力を高めることを目的としています。

長らく続いた大学入試センター試験に代わり、先日、初めての大学入学共通テストが実施されました。

共通テストでも日常生活を題材にした問題が出ました。

これからは小学校から高校まで、こうした内容が増えていきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英才個別学院梅島校

【授業時間】

<月~金>

① 17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

① 15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】

小学生・中学生・高校生・既卒者

トップページ

住所:東京都足立区梅島1-13-18原田ビル3階

TEL:03-5888-1400

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇