残り10日間でやるべきこと

残り10日間でやるべきこと

都立高校の前期一般入試が10日後に迫ってきました。

大半の受験生は不安を抱えて毎日を送っていると思います。

そこで本番までの10日間でやるべきことをお伝えします。

重要なのは、自分の力で得点できそうな問題を見極めて、そうした問題を確実に取るということです。

例えば、国語の漢字。

「読み」と「書き」を10日間練習すればかなりの数を覚えられるはずです。

覚えたての漢字が入試本番で出ればラッキーです。

社会や理科も、毎年目新しい問題がでるというわけではありません。

既に過去問を解いている受験生は多いと思いますが、どのような問題で間違えたのか見返してください。

社会の場合、苦手なのは地理なのか歴史か公民か。

理科は化学分野、物理分野、生物分野、地学分野のどれが苦手か。

例えば地学分野を遡ると、天体・太陽の動き(2020年度)→地震(2019年度)→地層(2018年度)→気象(2017年度)という順番で出題されています。

これらのうち苦手とする分野を中心に復習しましょう。

既に5教科合計で400点近くを取れている受験生の場合は、応用問題を徹底的に演習しましょう。

例えば数学の関数や平面図形、空間図形それぞれの最後の問題などです。

都立高校の入試では1問の配点が高いです。

国語の漢字こそ1問2点ですが、その他は1問4~5転です。

3~4問多く正答できればプラス20点。

これを取れるかどうかが合否を左右します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英才個別学院梅島校

【授業時間】

<月~金>

① 17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

① 15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】

小学生・中学生・高校生・既卒者

トップページ

住所:東京都足立区梅島1-13-18原田ビル3階

TEL:03-5888-1400

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇