中3は関数と図形の融合問題にトライ

中3は関数と図形の融合問題にトライ

この夏休みは中学3年生が本格的に受験勉強に着手する時期。

では、どんな勉強をすれば良いのでしょうか?

今回は数学に関して、是非挑戦していただきたい問題に触れます。

それは1次関数と図形の融合問題です。

関数と図形を融合した問題は、都立高校に限らず私立高校の入試でも必出です。

どのような問題なのか、見本を掲載しました。

2021年度都立高校入試で実際に出た問題です。

都立入試の場合、毎年大問題3は関数と決まっています。

3問出るうちの最後が、関数と図形の融合。

直線(1次関数)と点とで構成する三角形に関する問題です。

この問題は「等積変形」というテクニックを使って解きます。

「等積変形ってなに?」という方は多いはず。

中学校の授業では詳しく教えてくれませんからね。

入試本番の問題に挑戦するのはまだ早いですが、類似のより簡単な問題には触れるべきです。

この先のVもぎやWもぎに出るのですから。

英才個別学院梅島校の夏期講習カリキュラムには、こうした問題の演習が含まれています。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英才個別学院梅島校

【授業時間】

<月~金>

① 17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

① 15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】

小学生・中学生・高校生・既卒者

トップページ

住所:東京都足立区梅島1-13-18原田ビル3階

TEL:03-5888-1400

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇