初見の英文を速く読むコツとは

初見の英文を速く読むコツとは

大学入試はもちろんのこと、高校入試でも英語では長文読解が大きな比重を占めます。

教科書以外の英文に触れる機会が少ない中学生にとって、長文読解は難しく感じるようです。

「時間をかければ何とか読めるけれど……」という生徒は少なくありません。

初見の英文を速く読むにはどうしたらよいのでしょうか?

その答えは「頭から訳すこと」です。

基本的な日本文の構造は「~は」「~が」に当たる主語が最初にあり、「~だ」「~する」という述語が最後にきます。

対して英文は主語の次に動詞がくる構造なので、一文を一通り読んでから訳そうと考えがちです。

これだと読むのに時間がかかってしまいます。

読むスピードを上げるためには、「~が~する(した)~を」という具合に頭からどんどん訳しましょう。

きれいに訳す必要はなく、書かれている内容が頭に入れば良いのです。

英才個別学院梅島校に通っている中3は、夏期講習でどんどん英文を訳す演習をしています。

最初はとまどっていた生徒も、訳すのにかなり慣れてきた様子です。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英才個別学院梅島校

【授業時間】

<月~金>

① 17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

① 15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】

小学生・中学生・高校生・既卒者

トップページ

住所:東京都足立区梅島1-13-18原田ビル3階

TEL:03-5888-1400

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇