中学受験、外来語の勉強も必要

中学受験、外来語の勉強も必要

テレビのニュースや新聞を見ると、様々な外来語が飛び交っています。

私が学生だった昭和の時代とは比較にならない量です。

こうした傾向が入試にも影響を与えています。

中学入試では熟語や慣用句、ことわざ、故事成語といった言葉の問題が必ず出ます。

それらに加えてここ数年、外来語の意味を問う問題が増えています。

本文中にも注釈なしの外来語があちらこちらに顔を出します。

先日、中学受験する小6の生徒を教えていた際、本文中に「スキル」という言葉が出てきました。

生徒は意味を知らなかったので、正しい答えを導き出せませんでした。

小学生が外来語の知識を身につけるのは難しいですね。

子ども向けの新聞などを定期的に読んでいると身につくのでしょうが。

中学受験向けの語句を集めた問題集の一部には、外来語の問題も掲載したものがあります。

こうした問題集を選んで勉強するのも一つの手です。

新型コロナウイルス感染症が広がるなか、頻繁に使われるようになったクラスターやエビデンスといった外来語。

いずれ入試問題にも登場するのでしょうか。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英才個別学院梅島校

【授業時間】

<月~金>

① 17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

① 15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】

小学生・中学生・高校生・既卒者

トップページ

住所:東京都足立区梅島1-13-18原田ビル3階

TEL:03-5888-1400

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇