R4都立入試の数学を解説【関数】

R4都立入試の数学を解説【関数】

都立高校の前期一般入試が終了しました。

東京都教育委員会のホームページで、問題と正答が公開されています。

受験生の皆さん、自己採点の結果はいかがだったでしょうか?

今回は数学の大問題3、関数の解き方について解説します。

AとOを通る直線の式は、y=-2xです。

点Pのx座標をtとするとy座標はt2/4です。

y=-2xにy=t2/4を代入するとx=-t2/8となります。

よってPRの長さはt-(-t2/8)=t+t2/8。

RQの長さは-t2/8-(-8)=8-t2/8となります。

PR:RQ=3:1に、これらを代入して2次方程式を解くとt=6,-8。

Tは正の値ですから、答えは「6」です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英才個別学院梅島校

【授業時間】

<月~金>

① 17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

① 15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】

小学生・中学生・高校生・既卒者

トップページ

住所:東京都足立区梅島1-13-18原田ビル3階

TEL:03-5888-1400

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇