私大に入りにくくなっている理由

私大に入りにくくなっている理由

今年の私大入試は大変厳しいものとなりました。

滑り止めと考えていた大学さえ落ち、浪人を選択した学生も多いようです。

少子化が進んでいるのになぜ私大に入りにくくなったのか。

その理由を解説しましょう。

9123

私立大学には国から補助金が出ます。

2015年度までは定員の1.2倍まで入学させても、この補助金が出ていました。

しかし、2016年度から私大の定員厳格化が始まりました。

補助金が支給されなくなる基準が、2016年度は入学者が定員の1.17倍、2017年度は1.14倍、2018年度は1.1倍と厳しくなっていったのです。

昨年度の私大入試も厳しく、その結果、浪人生が増えました。

大学入試センター試験を受けた浪人生の人数は、以下の通りとなっています。

2016年度:9万6454人

2017年度:9万9118人

2018年度:10万3948人

大学側が合格者を絞っているうえ浪人生が増えているのですから、入試が厳しくなるのは当然です。

では、来年度の入試はどうなるのでしょうか?

文部科学省は、2019年度以降について、「1.0倍を超える入学者数に応じて学生経費相当額を減額」「0.95倍~1.0倍にした大学には補助金を上乗せ」という方針を示しています。

詳細については近いうちに文科省から発表されるようです。

一方、国会で23区内の私大の定員増を原則10年間認めない法律も成立しました。

受験生の皆さんには厳しい言い方になりますが、来年の私大入試も厳しいものとなりそうです。

今年の入試については、これから様々な分析結果が発表になると思います。

情報収集を怠らないようにしてください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
英才個別学院 梅島校

【授業時間】
<月~金>
①17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25
<土>
①15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒者

トップページ


住所:東京都足立区梅島1-13-18 原田ビル3F
TEL:03-5888-1400
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英才個別学院梅島校

【授業時間】

<月~金>

① 17:00~18:25 ②18:30~19:55 ③20:00~21:25

<土>

① 15:30~16:55 ②17:00~18:25 ③18:30~19:55

【対象】

小学生・中学生・高校生・既卒者

トップページ

住所:東京都足立区梅島1-13-18原田ビル3階

TEL:03-5888-1400

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇