自習対応はようやく一段落

今週、高校の2学期中間考査がピークを迎えました。

先週から教室で自習に励む高校生の姿が目立ちました。

自習していて分からないことがあれば、私に質問してきます。

数学に化学や物理、生物、英語等々。

先週と今週は様々な質問に答えました。

こちらの生徒の質問に答えたら、次はあちらの生徒の質問に答えるという日々でした。

中間考査は本日までという高校が多いので、自習対応もようやく一段落です。

後は教えた成果がテスト結果に表れることを願っています。

英才個別学院梅島校は、教室が開いている時間はいつでも自習ができる塾です。

「困っているときにすぐ質問できる塾」をお探しなら、是非一度見学にいらしてください。

 

社会の偏差値が1カ月で「5」アップ!

都立高校を目指している中学3年生を対象に開催している社会の無料講座。

9月半ばに開始して約1カ月が過ぎました。

効果は抜群です。

講座を開始する前の8月29日に受けたVもぎの偏差値と、10月10日受験分とを比較しました。

8月29日受験分の平均偏差値は47でした。

10月10日受験分は52.1まで上がりました。

社会の無料講座は都立高校の入試直前まで続けます。

毎週土曜日と一部祝日も利用して計20回開く予定です。

生徒には、最初に都立そっくりの問題を解いてもらいます。

その後答え合わせをしながら1時間半かけて詳しく解説します。

都立入試で出るかもしれない知識は、その場でどんどん伝えていきます。

入試に向けてこれから塾に通おうとお考えの中3の皆さん。

いまご入会いただければ、すぐにでもこの無料講座を受講できますよ。

高校生のテスト対策を実施中!

今日は日曜日なので本来、塾はお休みですが、高校の中間考査が迫っているので無料のテスト対策を実施しています。

正午から多くの高校生、私立中学生が教室へやってきて机に向かっています。

質問があれば講師が飛んで行って教えています。

数学や化学、物理の質問が多いです。

今年度も新型コロナウイルス感染症の影響は大きいようです。

緊急事態宣言中は分散登校やオンライン授業となった高校が大半。

生徒を見ていると、対面授業に比べて理解度が低いと感じます。

学校の授業時間が十分に確保できていないため、授業では基本的な事項しか教えることができない。

それにも関わらず、中間考査では応用問題まで出される高校も少なくありません。

テスト対策でどんどん講師に教えてもらい、テストでは満足のいく点数を取ってもらいたいですね。

 

令和4年度都立中・高の募集人員

東京都教育委員会から令和4年度の都立中学・高校の募集人員が発表されました。

<高校全日制過程の募集概要>

・募集校数は令和3年度より2校減って168校

・学級数は29増えて1033学級

・募集人員は1140人増の4万390人

募集停止となる高校が4校あります。

両国と大泉の普通科、田柄の普通科(外国文化コース)、五日市の普通科(ことばと情報コース)です。

白鷗は令和5年度から募集停止となります。

一方、令和3年度より1学級増えるのは竹早や広尾など33校です。

学級数が減る高校はありません。

以前にブログでお伝えした通り、全日制普通科で男女別に定員を設けている高校すべてで、男女別定員制緩和を実施します。

<都立中学校の募集概要>

・白鷗、両国、富士、大泉、武蔵、小石川、桜修館、南多摩、立川国際、三鷹すべて4学級で160人

・両国と大泉は令和3年度より1学級増加

各校別の募集人員については東京都教育委員会のホームページをご覧ください。

 

中3の皆さん、総選挙の仕組みを知っていますか?

本日10月14日、衆議院が解散しました。

10月19日に公示(正式に立候補者が分かる)、10月31日投票となります。

中学3年生の皆さんは総選挙の仕組みをご存じですか?

総選挙とは衆議院議員総選挙を指します。

衆院議員選挙は小選挙区制と比例代表制とを組み合わせた小選挙区比例代表並立制で行われます。

有権者は、小選挙区では具体的な候補者の氏名を、比例代表では政党名をそれぞれ記入して投票します。

比例代表選挙の議席配分にはドント方式が採用されます。

簡単なモデルで説明すると各政党の得票率を整数で割り、その商の大きい順位に各政党へ配分します。

各政党には比例代表制の候補者名簿があり、名簿の上位から得られた議席数までが当選となります。

今回の選挙は衆院議員の任期満了に伴うものです。

では、総選挙はどのようなスケジュールで行われるのでしょうか。

任期満了の場合は満了日から30日以内に選挙が行わます。

衆院には任期途中の解散もあります。

この場合は解散日から40日以内に選挙が行われます。

選挙の仕組みに関する問題は、しばしば都立高校の入試で見かけますのでチェックしておいてください。

前期成績アップ!アップ!アップ!

2期制の足立区では、先週金曜日に区立中学校で前期成績表が渡されました。

まだすべての塾生の成績を回収できたわけではありませんが、成績アップが続出です。

足立四中に通う3年女子生徒と足立九中に通う3年女子生徒が、国語と数学、英語、理科、社会の5教科オール5を修めました。

その他の3年生も高校入試が迫ってきているとあって、成績を上げました。

都立高校の入試で2倍換算する音楽や美術、技術・家庭、保健・体育の成績を上げた生徒も目立ちます。

2年生も検討しました。

数学の成績を上げた生徒が目立ちました。

塾生全員の成績表、コピーを取っています。

5段階の評定だけではなく、観点別学習状況の評価もチェックしたいからです。

それを見ると、まだまだ成績が上がりそうな生徒がたくさんいます。

今後の面談でアドバイスしていきます。

10/17は高校生対象の無料テスト対策

高校の2学期中間考査が迫ってきました。

英才個別学院梅島校では、恒例の高校生対象“無料”テスト対策を実施します。

10月17日の日曜日、12:00から18:00までです。

普段から高校生を指導している文系・理系の講師が生徒の質問にその場で答えます。

どの科目でも質問もオーケー。

社会科目や古典などの資料集も揃っているので、必要に応じて貸し出します。

今年度も新型コロナウイルス感染症の影響で、授業の時間が十分に確保できていない高校が多いようです。

数学や英語に限らず、物理や化学も授業の内容を理解できていない生徒が少なくありません。

テスト対策当日は、私も講師陣に交じって教えまくります。

「塾に通おうかな」と考えておられる高校生の皆さん。

試しにテスト対策へ参加してみませんか?

ご希望の方は教室までお電話ください。

令和4年度共通テストの志願者速報値

先週、令和4年度大学入学共通テストの出願が締め切りとなりました。

大学入試センターから出願締切最終日17時時点の出願者速報値が発表されました。

出願総数は50万1981人で、前年度の同時点と比べて1万2670人減少となっています。

河合塾は既卒者の減少率の高さを指摘しています。

現役生の出願者は43万3491人で同7064人の減、前年比98%です。

一方、既卒者は6万8490人で同5606人の減、前年比92%となっています。

来春の18歳人口は約2万人で、これは前年比98%。

現役生の出願者減少は、18歳人口の減少とリンクしています。

河合塾によると、令和3年度の入試では私立大学で合格者が大幅に増加しました。

このため既卒者の出願者が減ったと分析しています。

 

 

社会の無料講座、第1Qが終了

都立高校を目指している中学3年生を対象に、毎週土曜日に開いている社会の無料講座。

本日で5回目を迎えました。

バスケットボールやアメフトに例えるなら第1クオーター、4分の1が終了しました。

講座の冒頭では毎回テストを実施します。

都立入試そっくりの問題を使用したテストです。

1回目に比べてどの生徒も正答率が上がってきました。

毎回、テストの答え合わせをしながら約1時間半解説し、入試に必要な知識を伝えています。

今月中には地理問題の正答率を、どの生徒も80%以上にするのが目的です。

地理が固まってきたら次は歴史の得点アップを目指します。

現在、学校で習っている公民の完成は最後です。

明日、10月10日に生徒はVもぎを受けます。

前回に比べて社会の偏差値がどれだけ上がっているか楽しみです。

都内私立中・高の令和4年度定員

東京都生活文化局から、都内の私立中学校、私立高校の令和4年度募集人員が発表されました。

高校(全日制過程)の募集人員は令和3年度に比べて672人減少。

中学校は同30人の増加です。

高校では男子校、女子校、男女校すべての募集人員が令和3年度より少なくなりました。

男子校では推薦入試を実施するのが13校で募集人員は1004人、一般入試実施は18校で募集人員は1637人。

女子校では推薦入試実施が44校で募集人員3580人、一般入試実施も44校で募集人員は4051人。

男女校では推薦入試実施が110校で募集人員1万1814人、一般入試実施は120校で募集人員が1万5179人となっています。

一方、私立中学校では女子校が1校減ったものの、男女校が2校増えました。

各校の募集人員や試験日程、試験科目などは東京都生活文化局のホームページに掲載されています。

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。