今年の都立高校入試の難易度は?【後編】

2月21日に行われた都立高校の前期一般入試。

社会と理科の問題について振り返りましょう。

【社会=標準】

大問題1は例年、地理と歴史、公民から1問ずつ出題されていましたが、今年は歴史が2問となり計4問の構成でした。

公民分野から出題される範囲が一部除外された影響ですね。

代わりに公民は例年の4問から3問に減りました。

一昨年から大問題2の世界地理の難易度が上がっています。

今年は米と小麦、とうもろこし、じゃがいもの生産量が記された表を見て、地図中のどの国かを当てる問題が出ました。

米や小麦の生産量が多い国はよく出ますが、とうもろこしとじゃがいの生産量まで知識を蓄えていたかどうか。

さらに国土の様子と食文化の様子の記述を見て国を当てる問題も出ました。

食文化となると教科書には詳しく載っていませんので、雑学の知識の差が正答率に影響しました。

大問題5の公民分野は、地方自治を中心とした基本的な問題でしたので容易でした。

大問題6の歴史の並べ替えは今年も世界史からの出題でした。

中学校では世界史の一部しか学ばないので疎かにしがちですが、今後も要注意です。

【理科=標準】

大問題3の地学分野は気象の問題、大問題6の物理分野は電流と磁界の問題でした。

先週のブログで私が予想した通りの出題でしたね。

気象の問題は非常に良く見る問題で容易でした。

一方、電流と磁界の問題はやや難しかったのではないでしょうか。

大問題2の小問題集と大問題4の化学分野は、例年に比べて計算量が多いと感じました。

 

 

今年の都立高校入試の難易度は?【前半】

2月21日に行われた都立高校前期一般入試。

受験した皆さん、手応えはいかがでしたか?

各教科について、難易度を分析してみました。

【国語=易】

昨年の平均点が80点超えと高かったので、難易度が上がると予想していましたが、ふたを開けてみればそれほどでもありませんでした。

漢字の読み書きは、中3で習う範囲が出題の対象外だったので容易でした。

大問題3の物語文は読みやすかったと思います。

主人公の心情をつかみやすかったですね。

【数学=やや難】

大問題4の平面図形に苦戦した方が多いと思います。

証明問題は合同や相似ではなく、二等辺三角形になることを証明する珍しいタイプでした。

最後の三角形の面積を求める問題は、複数の相似を組み合わせて求める力が必要でした。

直前の証明問題で、角度が同じで相似となる三角形を見つけておかなければ解けない問題です。

ここ数年の平面図形では一番難しかったと感じます。

一方、大問題5の空間図形は簡単でした。

平面図形に時間を費やしてここまでたどり着けず、後で後悔した方もいると思います。

【英語=やや難】

大問題3の会話文読解が少し難しかったと思います。

日本語ではものを数える場合に語尾につける言葉が異なるといった話から始まり、同じことを言う場合でも、丁寧に言う場合とそうでない場合とで、日本語でも英語でも違いがあるという内容に発展します。

少し込み入った内容なので読解力が試されました。

 

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。