計算式は縦に揃えて書こう

中学生に数学を教えていると、計算ミスが多い生徒には共通の傾向が見られます。

ミスしやすい生徒は、ノートの端から端までいっぱいに使って、横に長く途中式を書くという点です。

1行で収まりそうにないと、最後のほうは詰めて書く生徒も多いですね。

横に長く式を書くと、途中のどこで間違えているのか発見しにくくなります。

文字間が詰まってしまうので、分数を約分したり正負の符号を付けたりする際にミスが起こりがちです。

計算ミスをできるだけ少なくするために、途中式は縦に書きましょう。

そして上の式と下の式では「=」の場所を揃えてください。

分数は1行に収めずに、2行使って書いてください。

ノートを取るときに限らず、試験中に計算する場合も縦に揃えるクセをつけてください。

これだけで計算ミスはかなり減るはずですから試してみてください。

 

 

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。