自分の「弱さ」に負けないために

受験生にとって重要な夏休みが始まりました。

塾や予備校に通って勉強している受験生は多いと思います。

では自宅での勉強、はかどっていますか?

受験勉強は誰にとっても大変なもの。

つい自分の「弱さ」が出て「もう少ししてから問題集を開こう」となりがちです。

そうした「弱さ」を乗り越えるために、毎日の時間割を作って机に向かうことをお勧めします。

まずは夏休み期間中にどの問題集のどこからどかまでをやり終えるのか計画を立てる。

その計画を基に1日当たりの勉強量を計算し、時間割を作成する。

そして時間割通りに机へ向かうよう自分自身に約束する。

時には何かしらの理由で、その約束を守れない日も出てきます。

しかし、時間割を作っておくと、その通りにできなかった悔やみが残り、取り返そうと考えます。

受験生の夏休みには時間管理が重要なのです。

 

 

 

確認しよう「大学入試のスケジュール」

多くの学校が夏休みに入りました。

受験生の皆さんは日々、机に向かうことでしょう。

そして夏休みが終わるとすぐに、大学入学共通テストの受験案内配布が始まります。

9月27日から10月7日までは共通テストの出願期間です。

高3の皆さん、こうした大学入試に関する大まかなスケジュールを把握していますか?

河合塾が運営する大学入試情報サイト「Kei-Net」に、「2022年度大学入試全体全体スケジュール」が掲載されています。

PDFが添付されているので、プリントアウトして目につきやすいところに掲示しておきましょう。

夏休み明けには指定校推薦が決定し、9月後半から10月前半にかけて総合選抜型(旧AO)入試が実施されます。

いよいよ受験シーズン到来です。

都立高初の「創造理数科」とは?

来春、都立立川高校に「創造理数科」が新設されます。

都立高校では初めての学科ですが、どのようなものなのでしょうか。

東京都教育委員会のホームページによると、「あらゆる科学技術の根底にある理数系分野の幅広い素養や情報活用能力などを学ぶ」とあります。

具体的には以下の3点を特色として挙げています。

①探求的な学習の充実

②理数教育の充実

③研究機関や地域との連携

「理数数学ⅠⅡ」「理数物理」「理数生物」といった専門科目を学ぶそうです。

授業外のフィールドワークやワークショップも企画するとしています。

授業を一方的に聞くだけではなく、能動的に行動をして成長したいと考える理系の生徒は興味がわくのではないでしょうか。

足立区から通うには遠すぎるのが残念です。

10月2日と11月13日に説明会が開かれます。

申込方法の詳細は立川高校のホームページで公表されます。

 

夏期講習が本格始動!

今日から多くの学校が夏休みに入りました。

英才個別学院梅島校も午前中から夏期講習の授業を組んでいます。

早い時間から生徒が教室へやって来て授業を受けています。

受験生にとって、この夏休みを意義のあるものにできるかどうかが、合否の分かれ目となります。

受験生でない生徒も、苦手な分野を復習したり9月へ向けて予習を進めたりする絶好の期間。

夏休みに勉強をさぼっていると、学校が始まってから自分だけ取り残される恐れもあります。

特に足立区立の中学校は夏休み明けすぐに前期末考査。

その準備もしておきましょう。

夏期講習のお申し込みはまだ受け付けております。

カリキュラムはオーダーメイドで作成し、授業を受ける日時もご希望に合わせて設定します。

是非、お問い合わせください。

熱中症にご用心ください

梅雨明けとともに東京では暑い日々が続いています。

昨日は23区内でも35℃を超える猛暑日を観測したそうです。

コロナ禍が長引くなかマスク着用の生活が続いていますが、こう暑いと気になるのが熱中症。

明日から多くの学校で夏休みが始まりますが、「部活で熱中症になった」という事態は避けたいものです。

熱中症対策には十分お気をつけください。

環境省と気象庁は今年の4月から「熱中症警戒アラート」の運用を始めたのはご存じですか?

熱中症との相関が高い「暑さ指数」を用い、その指数が33以上と予想される地域にアラートを発令するというものです。

アラートが発表された地域に対しては、以下の点に気を付けるように呼び掛けています。

・どうしても急ぐ用事などがある場合以外は、外出を控える

・部屋の中でもエアコンやクーラーを使用する

・のどが渇く前にこまめに水分補給

・周囲の人に、熱中症に気を付けるように声をかける

・屋外や、空調設備のない屋内での運動は原則中止

熱中症警戒アラートをメールに配信するサービスもあります。

詳細は環境省か気象庁のホームページをご覧ください。

 

いまご入会で半年間社会が無料に

英才個別学院梅島校では毎年、都立高校を目指している中学3年生を対象とした社会の無料講座を開設します。

9月から入試直前までの約半年間、毎週土曜日に講座を開催。

室長である私自らが講師を担当し、演習+講義の実戦形式で社会の偏差値を伸ばします。

開校以来10年以上も続けてきたこの講座の効果は抜群。

模試の偏差値は、8月時点と翌年1月時点とを比べると、平均して5以上アップします。

都立高校の入試対策に特化した講座ですから、効率よく成績を伸ばすことが可能なのです。

都立入試の社会では、特に地理分野において教科書には載っていない雑学的知識を求める問題が出ます。

そうした知識も伝えていきます。

いまご入会いただければ、この社会の無料講座を受けていただくことが可能です。

どの塾の夏期講習に参加するのか決まっていない中3の皆さん。

是非教室までお問い合わせください。

関東の高校生が志願したい大学1位は?

関東エリアの高校に通っている3年生が「志願したい」と考えている大学の1位は早稲田大学――。

リクルート進学総研が毎年この時期に公表している「進学ブランド力調査」の結果です。

早稲田大学は2年ぶりに1位となり、昨年1位だった明治大学が2位へと後退しました。

全体上位20位までのうち16校を私立大学が占めました。

文系に限ってみると、1位にランクされたのは立教大学。

2008年の調査開始以来初の1位となりました。

理系では東京理科大学が3年連続で1位です。

大きく順位を上げた大学は、全体では東京大学が前年20位から今年15位と5ランクアップ。

理系では横浜国立大学が8ランク上げて14位に入りました。

リクルート進学総研のホームページに調査の詳細が掲載されています。

「志願したい」のほかに「校風や雰囲気が良い」「教育方針・カリキュラムが魅力的」などイメージ項目別のランキングも掲載。

学部系統別のランキングも掲載されています。

夏休み中に理科の総復習を

私立高校の入試はほとんどが国語と数学、英語の3教科。

それに対して都立高校の入試には理科と社会が加わります。

教科数が多いので、入試までの受験勉強のスケジュール作成が大切になります。

都立を目指している中3の皆さんはこの夏休み、必ず1~2年生で習った理科の範囲の復習をしましょう。

数学や英語は、現在習っている範囲にも1~2年生で学んだ内容が含まれています。

ですから「1~2年で学んだ内容をすっかり忘れてしまった」ということはありません。

それに対して理科は、一度習った単元の内容が、その後教科書に登場することがありません。

例えば、中1の最初に植物のつくりや分類を学びました。

その内容を覚えていますか?

理科には知識が中心=暗記中心の単元と、計算問題が伴う理論中心の単元とがあります。

中学3年間を総復習する教材を使って、すっかり抜け落ちてしまった知識を再度補うと同時に、基本的な計算問題も演習してください。

2021年度の都立高校入試は理科が難しく、平均点が過去10年間で最低の47.8点でした。

四者択一の問題が減り、一つの設問で二つ以上答えてすべてが合っていないと得点をもらえない完全解答式の問題が増えたためです。

2022年度入試も同様になると考えて、この夏にしっかりと復習しましょう。

中3は英文の読解力を高めよう

高校受験に向けて、中3はどんな勉強をしていくべきか。

今回は英語に関して、この夏から取り組むべきことをお伝えします。

文法の復習、英単語を覚える、いずれも大切です。

これまで習った文法が定着しているかを確認するため、夏休み中に問題をたくさん解いてください。

できれば中学生用の英単語帳を購入することをお勧めします。

英単語は根を詰めて覚えるというより、確認する頻度を高めるべきです。

例えば1時間机に向かってたくさんの単語を覚えようとするのではなく、1回15分程度にして1日に何度も単語帳に目を通す。

このほうが確実に覚えることができます。

そして、中3の皆さんにもう一つ取り組んでいただきたいのが、初めて見る英文を訳すということ。

学校の定期考査とは異なり、高校入試では長文読解が大きな比重を占めます。

英文読解の問題集は、レベル別にそろっています。

自分のレベルに合ったものを選び、まずは独力で読んでみる。

分からない単語があったら辞書で調べて訳してみる。

そして正解と突き合わせて確認する。

面倒に思えるかもしれませんが、これを繰り返すと英文読解力は高まります。

英才個別学院梅島校の夏期講習では、すべての中3に英文読解のカリキュラムを組み込んでいます。

 

 

夏期講習、受付中です!!

間もなく夏休みがやってきます。

志望校合格を目指している受験生の皆さん。

受験生でないが、夏休みの間に苦手を克服したいという方。

英才個別学院梅島校では夏期講習のお申し込みを受け付けております。

当教室の講習カリキュラムは、一人ひとりに合わせた完全なオーダーメイド。

まずはお話をうかがい、それぞれの生徒さんの目標達成に向けた最適なカリキュラムを作成します。

オーダーメイドなので無駄な授業、不足する授業が一切ありません。

詳細は教室までお問い合わせください。

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。