小学生時の体験が成長に良い影響

小学生のころに体験活動や読書、手伝いを多くすると、その後の成長に良い影響が見られる――。

文部科学省がこうした調査結果を公表しました。

2001年に生まれた子どもとその保護者を18年間追跡し、分析したものです。

体験活動とは以下のようなものを指します。

・キャンプ、登山、川遊び、ウインタースポーツなど自然体験

・農業体験、職業体験、ボランティアなど社会体験

・動植物園/博物館/美術館見学、音楽/演劇鑑賞、スポーツ観戦など文化的体験

こうした体験を多く積んだ子どもが高校生になると、自分に対して肯定的であったり自己満足しているといった自尊感情が高くなるそうです。

また、体験活動をよくしていると、家庭の経済状況に関わらず良い影響を与えることも分かりました。

さらに、子どものころに多くの本を読んでいるほど、その後、新しいことに興味をもったり感情調整が上手だったり、将来に対して前向きだったりという割合が高くなります。

子どものころに手伝いをよくすると、自尊感情や外向性、精神的な回復力などで良い影響が見られます。

年齢の異なる人や家族以外の大人など、多様な相手と遊ぶ機会が多いのも、その後の成長に良い影響を与えるそうです。

調査概要は文部科学省のホームページに掲載されているので、小学生のお子さんがいる方は目を通してはいかがでしょうか。

 

美術の期末テスト対策もやります!

9月12日の日曜日、足立九中3年生を対象とした無料テスト対策会を実施します。

当日は主要5教科に加えて美術のテスト対策もやります。

九中3年生の美術の定期考査、得点の半分を実技が占めます。

美術が得意でない生徒には厳しい内容です。

昨年同様、左斜め上から光がさしているように、立体図形に陰影を付ける問題が出るようです。

実技指導は美大に通っている講師が担当し、室長の私が補佐を務めます。

私は中学校を卒業するまで約5年間、絵画教室に通っていたので、多少絵心があります。

この他、社会を苦手としている塾生も多いです。

当日、希望者がいれば戦後史の流れを開設する授業も行うつもりです。

 

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。