小学校と中学校の一番大きな違いとは?

この春、区立中学校へ進学する皆さま及び保護者の皆さま。

今週、区立中学校の入学説明会が実施されていますね。

いよいよ中学生となるわけですが、小学校と中学校で一番大きな違いは何か、意識されておられますか?

それは“学校の成績の重み”です。

足立区立の中学校は2期制です。

前期と後期、それぞれで通知表が渡されます。

中学校の通知表では、各教科5段階の成績が示されます。

中学校の成績は高校受験に直結します。

都立高校の場合、学校の成績と国語、数学、英語、社会、理科の5教科の筆記テストの合計点で合否が決まります。

そのうち、学校の成績による点数が3割も占めます。

私立高校を目指す場合、推薦入試が多くを占めますが、どの高校の推薦を受けられるかは学校の成績次第です。

今年の10月初旬、中学校で初めての通知表が渡されます。

この際、芳しくない成績だと、後々取り返すのは大変です。

中学生になって重要なのはスタートダッシュ。

常日頃はもちろん、中間考査や期末考査での勉強方法を身に付け、早い段階から好成績を修めることが高校進学を左右します。

英才個別学院梅島校は、学校の成績アップに力を注いでいます。

例えば定期考査の前には、塾で教えていない教科も含めて無料のテスト対策を行っています。

高校進学を見据えて塾を選ぶのであれば、是非、当教室にお問い合わせください。

入会する、しないに関わらず、詳しいお話をさせていただきます。

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。