共通テストの研究、進めています

来年の入試から大学入試センター試験に代わって実施される大学入学共通テスト。

英語の民間検定試験と国語と数学ⅠAの記述式問題の導入は見送られましたが、出題形式がセンター試験とは変わる科目があります。

そこで共通テストの対策本をいくつか取り寄せ、内容を分析しています。

例えば、これまでに実施された共通テストの施行調査の数学ⅠA。

太郎と花子の会話文で始まる問題が特徴的ですね。

センター試験の問題に慣れ親しんだ目から見ると、少々違和感を覚えます。

共通テストでは、今まで以上に「思考力」が問われると言われています。

私が気になっているのは、共通テストそのものだけではありません。

共通テストの出題形式が、私立大学の一般入試にも影響するのかどうかも大いに気になります。

私大の出題傾向が今年までとは変わる可能性も考慮して、高校3年生の指導内容を考える必要がありそうです。

 

政府が「一斉休校を延長せず」

都内のほとんどの学校が、3月2日から臨時休校となっています。

政府は昨日、全国の小中学校などの一斉休校要請を延長しないことを決めました。

この政府の決定を受け、文部科学省は来週前半にも学校再開に向けたガイドラインを公表するそうです。

都内ではここ数日、感染者が増加している状況ですが、予定通りに新学期がスタートできることに期待したいですね。

塾としては、学校が休校期間の学習の遅れをいかに取り戻すか、知恵を絞っていく必要があります。

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。