来年度の9月入学は困難か

長引く休校に伴ってにわかに持ち上がったのが、入学時期を9月にずらすという案。

東京都の小池都知事や大阪府の吉村知事などが提唱し、安倍首相も「前広に検討する」と発言しました。

すぐさま自民党はワーキングチーム(WT)を立ち上げて議論を開始しました。

今朝の新聞各紙によると、WTは来年度の9月入学を見送るという結論に達したようです。

9月入学を巡って、もっともヤキモキしたのが受験生でしょう。

見送りとなれば、例年通りの時期に入試が実施されます。

入試の時期が若干遅れるかもしれませんが、半年も遅れることにはなりません。

ですから受験生は、入試への準備を進めなければなりません。

来週から都立高校や足立区立の小・中学校も段階的に再開になります。

受験生の皆さん。

勉強の遅れを取り戻し、志望校合格を勝ち取りたいなら、英才個別学院梅島校までお問合せください。

良い結果を得たいなら他人より早く行動すること――。

これが受験のセオリーです。

室長の休日の過ごし方

緊急事態宣言が解除され、長かったトンネルもようやく出口が見えてきました。

とはいえ、まだ油断は禁物。

しばらくは不要不急の外出を控えるべきでしょう。

緊急事態宣言発令に伴い、塾を休校としたのが4月8日。

それ以降、私も休日の外出を控えてきました。

しかし、1日中自宅に引きこもっているのも大変です。

この前の日曜日は、散歩がてらドラッグストア巡りをしました。

最近、マスクの購入には困らなくなりました。

しかしながら、机やドアノブの消毒薬や手先の消毒薬は購入するのが困難。

24日の日曜日は、ドラッグストア4件を回り、消毒薬を探しました。

すると結構、収穫がありました。

一つのドラッグストアで欲しいものすべてが揃うことはありませんが、数軒回ると結構入手できます。

机などの消毒薬と手先の消毒薬をそれぞれ一つずつ入手できました。

かれこれ2時間歩き回ったので、良い運動にもなりました。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、ウイルスの脅威が払拭されたわけではありません。

今後も教室内の消毒は徹底していくので、ご安心ください。

Zoomの機能、重宝しています

Zoomを使用したオンライン個別指導を開始して3週間が過ぎました。

授業を重ねるに連れ、講師たちはより良い授業を行うために改善を続けてくれています。

Zoomの機能の中で重宝しているのが「ホワイトボード」です。

スタイラスペンを使ってipadの画面に解説や答えを書くと、同時に生徒もそれを見ることができます。

私は数学を教えることが多いのですが、ホワイトボードは本当に便利。

生徒との距離が実際には離れていても、隣で教えているような感覚になります。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、オンラインでの個別指導はしばらく続ける必要があります。

講師陣と一緒に、授業の改善を重ねていきます。

 

オンラインでの質問が続々と

東京都も緊急事態宣言が解除され、来週から学校が再開されます。

ここへ来て、休校中に各校から出された膨大な課題に悪戦苦闘している生徒もいます。

Zoomを使ってオンラインで生徒から質問に答えているというブログを、少し前に掲載しました。

主に高校生から数学の質問が次々と寄せられています。

分からない問題を画面越しに見せてもらい、解き方や答えを図や式で示して画面越しに解説しています。

オンラインでの質疑応答はこの先も続けます。

生徒が自由に自習に来て質問できる状態になるまでは。

いま中1にお勧めの勉強内容

東京都内の新規感染者数が随分と減少しました。

このままいけば週明けにも緊急事態宣言が解除されそうです。

長かった休校期間も、ようやく先が見えてきました。

とはいえ学校の授業が正常に戻るにはもう少し時間がかかりそうです。

中学校に入学したばかりの1年生の皆さんに、学校再開までに必ずやっていただきたい勉強の内容をお伝えします。

まずは数学です。

数学では少数をほとんど使いませんが、分数の計算がたくさんでてきます。

そこでこの時期、分数の計算を徹底的に練習してください。

分数の足し算、引き算、かけ算、割り算、通分、約分……。

小学校で習った内容なので自分で勉強できるはずです。

学校が始まるまでに分数の計算がスラスラとできるようにしておきましょう。

次に英語です。

まずはアルファベット26文字、大文字と小文字で正しく書ける練習をしましょう。

その次に簡単な単語を覚えて書けるようにしてください。

足立区立の中学校で使用している英語の教科書は「コロンブス」。

教科書の最初のほうに各月や数字が出てきますが、この辺りは練習しておいてほしいです。

学校が再開されて授業が始まったら良いスタートダッシュを切れるように、毎日机に向かってください。

オンラインで質問を受け付けます!

英才個別学院梅島校は5月7日からオンライン授業で再開しています。

しかし、残念ながら教室に来ての自習はご遠慮いただいています。

そこで、オンラインで質問を受け付けています。

塾生の皆さん、自宅で勉強していて分からない問題があったら、まずは教室までお電話ください。

すぐにZoomを立ち上げるので画面越しに教えます。

中学生までなら全教科に対応します。

高校生の皆さんは、私が即座に教えられる教科科目は分かっていますよね。

私が即答できない教科科目の場合は、画面越しに見せてもらっておいて、適任の講師に尋ねた上で返答します。

せっかくオンラインの質問を構築したのだから、有効活用しない手はないですね。

 

 

素敵な贈り物をいただきました

ある生徒の保護者の方から素敵な贈り物をいただきました。

フェイスシールドです。

緊急な面談など、どうしても対面で接しなければならない場合に活用していきます。

フェイスシールドは医療の現場のほか、再開された学校でも授業の際に使用しているところがあります。

これを付けている姿は少し恥ずかしいですが……。

この先暑くなっていきますが、ウイルス感染対策のために必要な措置は講じていきます。

一時は全く購入できなかったマスクも、最近は比較的容易に購入できるようになりました。

あとはアルコール消毒液が、いつでもドラッグストアなどで購入できるようになるのを待つばかり。

教室には手指の消毒薬、机やドアノブなどを拭くアルコール消毒液のストックがありますが、購入できない状態がいつまでも続くと心配ですね。

進みの速い中3は現在完了形に入りました

連休明けに開始したオンラインによる個別指導が順調に進んでいます。

進みの速い中学3年生の一部は、英語で現在完了形を学び始めました。

足立区立の中学校で使用している英語の教科書は「コロンブス」。

Unit2から現在完了形が登場します。

休校で学習の遅れが懸念されましたが、この時期に現在完了形を学び始めれば、例年と比べてそう遅れはとっていません。

生徒たちもオンライン授業に慣れてきました。

来年の入試時期がどうなるのか、まだ分かりませんが、例年通りの時期に実施されても困ることがないように指導していきます。

 

 

中3は因数分解を卒業します

1カ月間の休校を経て、先週からオンラインでの個別指導を開始しました。

学校が休みでも順調に新学年の範囲を学んでいます。

3月から先取りで勉強してきたこともあり、中3生のほとんどが間もなく数学の因数分解を“卒業”します。

「9月入学」が議論になっていますが、先行きは不透明。

中3に限らず受験生は、これまでと同様の時期に入試が行われるという前提で勉強すべきです。

大変な年ではありますが、「今やれること、今すべきこと」を忘れずに。

この時期の努力が後になって花開くのは間違いありません。

 

入室時のルールを徹底しています

連休明けからオンライン授業を開始し、毎日、数名の講師が教室にやってきます。

教室に入る際のルールを厳密に守ってもらっています。

3階まで上がってきたら、まずはトイレに直行。

ハンドソープを使い、厚生労働省推奨の方法で手を洗ってもらいます。

その後、念には念を入れて、アルコールで手を消毒。

それから入室という手順を踏んでいます。

教室の扉や窓はできるだけ開けて喚起に努めています。

教室に来るのはほとんど講師だけですが、使用してもらうブースもできるだけ離しています。

教室の机やドアノブなどは、もちろん私が毎日アルコールで消毒しています。

そのせいで手がガサガサになってしまいました……。

ウイルス感染を防ぐために、やるべきことをこれからも徹底していきます。

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。