都立高校の出願倍率、学校間格差が広がる

昨日は都立高校前期一般入試の出願1日目でした。

昨夜、東京都教育委員会ら高校ごとの出願者数が公表されました。

全日制の応募倍率は1.39倍で前年と同じ。

普通科男子は1.49倍(前年度1.50倍)、女子は1.54倍(同1.50倍)、コース制0.88倍(同1.42倍)、単位制は1.30倍(同1.38倍)。

専門学科では商業科が0.93倍(同0.92倍)、工業科0.98倍(同0.93倍)、農業科1.01倍(同1.27倍)、家庭科1.17倍(同1.41倍)となっています。

普通科の最高倍率は男子が戸山の2.49倍、女子は三田の2.74倍です。

学校ごとに見ていくと、昨年の出願1日目に比べて倍率が上がった高校と、下がった高校の格差が顕著です。

出願は本日正午までですが、出願したのち一度取り下げて他の高校に再出願できます。

出願取り下げは12日、再出願は13日です。

模試の結果で合否ぎりぎりの受験生は本日夜に発表される出願状況を見て、取り下げ再出願するか否かの最終判断に迫られます。

出願情報の確認を怠りなく。

 

中学受験、難関校に次々と合格!

年が明けから難関中学校を受験しし続けた小6男子。

本命の東京都内と神奈川県内の中学校の受験が終了し、すべての結果が明らかになりました。

大変素晴らしい結果を残してくれたのでお伝えしたいと思います。

合格したのは以下の中学校です。

・函館ラ・サール

・栄東

・市川

・攻玉社

・海城

・聖光学院

この生徒は中学受験専門の進学塾に通いながら、当教室にも1年間ほど通ってくれました。

苦手としていた国語の偏差値を上げるためで、室長の私自ら指導しました。

彼の努力と結果に、大いに拍手を送りたいと思います。

英才個別学院梅島校では、このような進学塾の補習も承っています。

ただし、受け入れ可能な人数には限りがあります。

ご希望の方は早急に教室までお問い合わせください。

 

都立高入試対策「リスニング特訓」やります

都立高校を目指している中学3年生の生徒は、授業がない日でも教室へやって来て自習しています。

そんな彼らを見て、「少しでも力になりたい」と考える日々です。

そこで2月11日の祝日、英語のリスニング特訓会を実施することにしました。

これまでの模試結果を見ると、惜しいところでリスニング問題を落としているケースが目に付きます。

特に英語で解答する問題で、複数形の「s」を付け忘れたり、時制を間違えたりといったミスが目立つのです。

特訓会では都立高校入試の過去問など、できるだけ多くの問題を解いてもらいます。

特訓会のあとも希望する生徒にはリスニングのキットを貸し出します。

少しでも耳を英語に慣れさせて、1問でも多く正答できるようにしたいのです。

 

河合塾、大学オープンキャンパス情報の掲載開始

河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」に、2020年の大学オープンキャンパス開催情報が掲載され始めました。

所在地や開催期間などを入力すると検索が可能です。

2月5日時点で情報が掲載されている東京都内の大学は36校。

3月には多数の大学でオープンキャンパスが開催されます。

高校2年生の皆さんは早めに情報をチェックしてください。

どの大学に足を運ぶかスケジュールを立て、行きそびれないようにしましょう。

事前申し込みが必要な大学もありますから、早めの行動を。

高校1年生の皆さんにも、いくつかの大学のオープンキャンパスに参加することをお勧めします。

様々な大学のことを知り、早めに志望校を絞ることが合格への第一歩となります。

都立高入試までに受験生がすべきことは…

都立高校の前期一般入試が迫ってきました。

受験生の皆さん、入試本番までにすべきこと、分かっていますか?

志望校に合格するために、各教科何点取らなければならないかを再度チェックしてください。

そしてその点数に達するためには、どの問題を確実に正答しなければならないかを把握しましょう。

例えば、偏差値40台半ばを下回る高校を目指している方。

基礎的な問題の演習に時間を費やしましょう。

英才個別学院梅島校ではこうした生徒に対して、数学なら大問1を徹底して演習させています。

数学の大問1は正負の数や文字式、一次方程式、二次方程式、連立方程式といった計算問題に加え、確率、角度、資料の整理、関数の基本、作図で構成されています。

大問1だけで100点満点中46点を占めるのです。

これまでの模試で間違いが多い生徒には、大問1だけのプリントを何十枚も渡して、毎日解かせています。

志望校に合格するためには、戦略が必要です。

目的を明確にして勉強に励んでください。

 

都内私立高校の中間応募状況

東京都のホームページに、都内私立高校・一般入試の中間応募状況が掲載されました。

全体の中間倍率は2.61倍。

昨年同時期の中間倍率は2.85倍、一昨年は2.39倍でした。

中間倍率が高い高校を見ていきましょう。

【男女校】

朋優学院・国公立・特進コース…16.89倍

安田学園・第2回一般(S特・特進・進学)…15.67倍

青山学院高等部…12.76倍

駒場学園・進学・特別進学・国際コース(一般2回)…12.03倍

早稲田大学係属早稲田実業学校高等部(女子)…9.90倍

淑徳…9.62倍

駒場学園・進学・特別進学・国際コース(一般1回)…9.43倍

東洋・特別選抜コース…8.90倍

桜美林…8.76倍

上野学園・総合進学コース…8.44倍

【男子校】

自由ケ丘学園・総合進学FRコース…7.71倍

明治大学付属中野…6.64倍

早稲田大学高等学院…6.08倍

開成…5.22倍

桐朋…4.08倍

城北…3.85倍

学習院高等科…3.80倍

京華・進学・特進コース…3.08倍

自由ケ丘学園・選抜進学GI・SR・ASコース…2.68倍

京華・S特進コース…2.55倍

【女子校】

豊島岡女子学園…5.84倍

慶応義塾女子…5.61倍

トキワ松学園・特進・進学・美術デザインコース(一般第1回・一般(併願優遇))…2.80倍

潤徳女子・美術コース一般(第1回)…2.60倍

女子美術大学付属…2.52倍

佼成学園女子・特進文理コース文理クラス…2.10倍

立川女子・総合コース…2.08倍

潤徳女子・進学・特進コース(一般第1回)…2.02倍

藤村女子・総合進学コース…1.87倍

日本大学豊山女子(一般2)…1.80倍

東京都のホームページには各高校別の倍率も掲載されています。

私立高校を一般受験する方はチェックしてください。

 

 

 

【テスト会最終回】全員気合いが入っています!

12月末から毎週日曜日に実施してきた「都立そっくりテスト会」。

5回目となる本日が最終回です。

模試はこれで最後とあって、どの生徒も気合いが入っています。

本番を想定して時間配分を考えながら解いています。

難しい問題にぶつかったらいったん飛ばして次の問題に進み、時間に余裕があればまた戻るという作戦も。

どの生徒も2カ月間に及ぶ冬期講習でかなり鍛えられました。

いよいよ今週、出願します。

今日の結果で自信をつけて出願してもらいたいものです。

私立大、日東駒専の志願者数が増加

河合塾の大学入試情報サイト「kei-Net」に、1月31日時点の主要私立大志願状況が掲載されました。

一般入試の志願者数を見てみましょう。

早慶上理(早稲田、慶応義塾、上智、東京理科)の志願者は、前年度の94%にとどまっています。

MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)は同94%。

成成明國武(成蹊、成城、明治学院、國學院、武蔵)も同92%となっています。

逆に前年度より志願者が増えたのは日東駒専(日本、東洋、駒澤、専修)で、前年度比103%となっています。

浪人回避のため難関大を避ける傾向が顕著ですね。

学部系統別では人文科学系が前年度比97%、社会科学系が同96%、理・工・農学系が同101%などとなっています。

詳しくはKei-Netをご覧ください。

国公立大出願者の中間集計

国公立大学を目指しておられる方。

今朝の新聞をご覧になりましたか。

文部科学省から国公立大学出願状況の中間集計が発表され、その一覧が掲載されています。

出願状況を見ながら最終的にどこの大学を受けるかを決めるという方は、目を通してください。

また、先日のブログでお伝えした通り、河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」では、土・日を除いて国公立大出願状況が日々更新されています。

こちらのチェックもお忘れなく。

国公立大の前期個別試験まで1カ月を切りました。

最後の追い込み、頑張ってください!

「教育改革には期待、大学入試は不安」

リクルートマーケティングパーチナーズと全国高等学校PTA連合会は、高校2年生とその保護者に対して意識調査を実施し、その結果を公表しました。

高校の教育改革に関しては、生徒も保護者も期待が不安を上回っています。

例えば、「ICT技術を活用し、一人ひとりが最適な学習内容と進度で学べる」ことに対して、高校生の7割が期待しています。

一方、大学入試に関しては、生徒も保護者を不安を抱いています。

特に大学入試センター試験から大学入学共通テストへと移行することには、生徒も保護者も不安要素のトップに挙げています。

また、進路選択のアドバイスが「難しい」と感じている保護者は73%。

「難しい」と感じる要因は「入試制度をはじめ最新の進路情報を知らないから」が54.7%でトップです。

この割合は前年の同様の調査では45.5%でしたから、一気に上昇しました。

お子様の進路指導に不安がある保護者の皆さま、英才個別学院梅島校にお任せください。

当教室は高校生の指導、大学受験指導に力を入れております。

常にアンテナを張り巡らせ、最新の入試情報を基に的確な進路指導をしております。

是非、ご相談ください。

 

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。