受験生は正月をどう過ごす?

今年も残すところわずかとなりました。

受験生の皆さんは、お正月をどのように過ごすおつもりですか?

「正月くらい、少しのんびりしたい」

その気持ちはわかります。

私は、元日に関しては勉強から離れてもいいと思います。

家族みんなでお節料理を食べたり、来客があったりと落ち着かないでしょうから。

ただし、ゆったり過ごすのは元日限定。

今のうちからスケジュールを作っておいて、1月2日以降はそれに従って机に向かうようにしてください。

そうしておかないと、いつまでも正月気分が抜けずにダラダラしてしまいます。

入試本番は目前です。

ラストスパート、頑張ってください!!

 

足立区の中学生は数学が課題

毎年4月、全国の小学6年生と中学3年生を対象に文部科学省が実施する「全国学力・学習状況調査」。

今年度の調査に関して、足立区が区内公立小6、中3の平均正答率を公表しました。

小6は国語、算数とも東京都の平均を下回ったものの、全国平均との比較では国語は-0.6ポイント、算数は+1.0ポイントという結果に。

一方、中3は国語、数学、英語すべてで東京都平均、全国平均を下回りました。

特に平均正答率が低いのが数学。

東京都平均を4.4ポイント、全国平均を2.2ポイント下回りました。

中でも「反比例の表からxとyの関係を式で表すことができる」、「資料を整理した表から最頻値を読み取ることができる」の設問で、全国平均を5ポイント以上下回りました。

足立区立の中学校に通う生徒の課題は数学。

苦手を克服したい方は、是非、英才個別学院梅島校までお問い合わせください。

冬休みに突入、午前から多数の生徒が

足立区立の小・中学校は今日から冬休み。

高校も今日から休みというところが多いですね。

英才個別学院梅島校は今日から1月7日までの期間、午前から夜まで授業を行います。

今日も既に多くの生徒が授業を受けに来ています。

年末は31日まで開校します。

年始は1月4日から再開です。

まだ、冬期講習生を募集しています。

特に受験生の皆さん。

入試を目前に控え、「ここだけピンポイントで教えて欲しい」というご要望にもお応えします。

中学受験、高校受験、大学受験を問わず、お問い合わせください。

日曜日は「都立そっくり模試」の日

本日は日曜日ですが開校しています。

都立高校を目指している中学3年生を対象とした模試を実施しているのです。

都立入試そっくりの問題を使った模試で、計5回実施します。

1月末まで、日曜日を使って模試を行っていきます。

冬期講習の成果を測ると同時に、各生徒の弱点を見つけて、そこを補強していくのが目的です。

入試まで残すところわずか。

英才個別学院梅島校は日曜日も休みません!

高校まですべて私立だと学習費は公立の3.4倍

文部科学省が「平成30年度子供の学習費調査」の結果を公表しました。

平成6年度より隔年で実施している調査です。

幼稚園(3歳)から高3までの15年間で、どの程度の学習費がかかるのか。

1年間でかかる学費は以下の通りとなっています。

公立幼稚園:22万3647円(前回調査比4.4%減)

私立幼稚園:52万7916円(9.4%増)

公立小学校:32万1281円(0.3%減)

私立小学校:159万8691円(4.6%増)

公立中学校:48万8397円(2.1%増)

私立中学校:140万6433円(6.0%増)

全日制公立高校:45万7380円(1.4%増)

全日制私立高校:96万9911円(6.8%減)

グラフにしてみると、その差が良く分かります。

調査対象となっている学習費は学校教育費、学校給食費、学校外活動費の合計です。

学校外活動費には塾や家庭教師の費用を含みます。

私立に通うと家計への負担が大きいですね

大学入試、出願の準備できていますか?

今年も残すところあと2週間。

年が明けると私立大学の出願が一斉に始まります。

受験生の皆さん、出願期間を確認していますか?

最近はWeb出願が増えています。

パソコン操作が苦手な方。

ぎりぎりになって慌てないように、今から準備を始めてください。

入力方法や顔写真データの貼り付け方など、そばにパソコン操作が得意な人がいるうちに確認しておきましょう。

冬休みに入ってからWeb出願しようとして操作方法が分からず、周りに教えてくれる人が誰もいない、なんてならないようにしてくださいね。

ストップウォッチは何に使う?

冬期講習が始まってから、ストップウォッチが大活躍しています。

中3受験生の授業では、都立高校入試のそっくり問題や私立高校の過去問を解かせています。

その際、「1問につき○分」と時間を決めて解かせるようにしています。

特に国語の読解問題や英語の長文問題は時間との勝負。

限られた時間内で素早く読んで正答する能力を身につけなければなりません。

ストップウォッチが活躍するのは授業中だけではありません。

自習でも時間を計りながら問題を解く中3が増えてきました。

中3は15日の日曜日にVもぎを受けましたが、既に効果が発揮されたようです。

「前回は時間が足りなかったけど、今回はばっちりだった」という声が。

今週末に返却されてくるVもぎの結果が楽しみです。

共通テスト、記述式問題の導入は延期

既にご存知の方は多いと思います。

大学入試センター試験に代わって再来年から実施される大学入学共通テストに導入予定だった記述式問題、実施が延期となりました。

記述式問題は国語と数学Ⅰ、数学Ⅰ・Aで3題ずつ出題される予定でした。

延期となった理由はいくつかあります。

まずは、採点ミスや採点のぶれが生じるという懸念です。

採点はベネッセホールディングスの子会社が受託することになっていました。

共通テストは約50万人が受験するため、約1万人の採点者が必要だそうです。

同社はアルバイトなどを活用するとしていましたが、受験生の不安はぬぐえませんでした。

加えて、受験者が自己採点した結果と実際の得点にずれが生じる懸念もありました。

国公立大学では、共通テストが終わった後に出願となります。

受験者は共通テストを自己採点し、その結果を踏まえて出願先を決めます。

過去2回行われた試行調査では、国語で約3割が自己採点と実際の採点とが一致していなかったそうです。

英語民間試験の活用延期に加えて記述式問題も延期となった大学入試改革。

今後も動向に注目していきます。

大学入試のスケジュールの管理表を作ろう

年が明けると私立大学の一般入試の出願が一斉に始まります。

直前になってあわてないように、いまのうちから入試のスケジュールを管理しましょう。

出願期間、入試日、合格発表日、一時金の納付期間が一覧できるようにまとめておくことをお勧めします。

入試日のバッティングをチェックするためや、無駄な一時金を支払わないようにするために、ひと手間かけましょう。

英才個別学院梅島校では毎年、高3の生徒にスケジュール記入用紙を渡しています。

そして生徒から提出された手書きのスケジュール表をエクセルで清書して渡しています。

このスケジュール管理表は、生徒にも保護者にも好評です。

受験生をお手伝いするために、様々なツールを用意しています。

 

 

都内私立高の初年度納付金は平均で93万円強

来春入学者を対象とした都内私立高校の初年度納付金などについて、東京都がホームページで公表しました。

平均の授業料は46万6708円、入学金は25万1637円、施設費なども合わせた初年度納付金は93万4038円です。

初年度納付金は前年度より7748円アップとなっています。

初年度納付金が最も高いのは玉川学園高等部で190万6500円。

最も低いのは鶴川の63万9800円となっています。

東京都のホームページには学校ごとの金額を記したPDFファイルが添付されています。

中3のお子様がおられる保護者の皆さま、目を通しておかれると良いと思います。

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。