冬期講習のお申し込み受付中です!

間もなく冬休みを迎えます。

英才個別学院梅島校では冬期講習のお申し込みを受付中です。

生徒さん一人ひとりのお悩みに合わせてオーダーメイドでカリキュラムを作成します。

「せっかく冬期講習に参加したのに、教えて欲しいところを十分に教えてもらえなかった」

「分かっているから受ける必要のない授業も受けさせられた」

こうした不満は一切ございません。

高校受験を控えた中学3年生のお申し込みも受け付けております。

是非一度、教室までお問い合わせください。

中学進学の準備を始めませんか?

定員を超える入学希望者があった区立中学校の抽選が、先日行われました。

来春、中学1年生になる皆さん、進学先が固まりましたね。

落ち着いたところで中学進学の準備を始めませんか?

英才個別学院梅島校には、小学6年生の生徒さんが続々と入会しています。

そして数学や英語の予習を始めています。

この冬から中学校の予習を始めれば、余裕を持って中学生活を迎えることができます。

良いスタートを切りたい小6の皆さん、お問い合わせをお待ちしております。

本日も多数の自習生が

夏休みが終わったころから、受験に向けて意欲的に取り組みだした中学3年生が毎日、自習に来るようになりました。

学校から帰るとすぐに着替えて塾にやってくる生徒も珍しくありません。

そうした同級生から刺激を受け、自習にやってくる生徒が日を追うごとに増えています。

今日も多数の生徒が自習室や空いているブースを使って自習していました。

自習といっても放っておくわけではありません。

私の手が空いている限り質問に答えますし、自習すべき内容もアドバイスし、プリントも渡します。

積極的に自習に来る生徒ほど偏差値が上がるのは言うまでもありません。

ですから英才個別学院梅島校では、自習のバックアップに力を入れるのです。

最後のセンター試験、志願者数が確定

年明けの1月に実施される最後の大学入試センター試験の志願者数が確定しました。

志願者数は前年度より1万9132人減って55万7698人です。

現役生は1万2716人減の45万2234人。

既卒者は6306人減の10万376人となっています。

高3全体のうち、出願した生徒の割合は43.3%で、前年度より0.7ポイント減少しました。

センター試験を利用する大学・短期大学は858大学で、前年度より6大学増加です。

独立行政法人大学入試センターのホームページに、「受験上の注意」や「不適切なマーク例」などもアップされました。

受験生の皆さんは目を通しておいてください。

スイッチ入れば一気に成績がアップ!

英才個別学院梅島校では年に数回、保護者を交えた面談を実施しています。

その場では、高校進学にあたって学校の成績を上げることがいかに大切か、具体的なデータを交えて説明します。

定期面談の場だけではなく、常日頃から個々の生徒に対して「成績を上げる重要性」を説いています。

それを理解し、スイッチが入った生徒は驚くほど成績が向上します。

中3の塾生の例をお示しします。

ますは足立四中男子生徒。

中1の夏休み直前に入塾しました。

塾に通い始めてから模試の偏差値はじりじりと上昇したのですが、学校の成績は横ばいでした。

しかし、中3になる直前、成績を上げようと本気を出し始めました。

その結果がグラフの通りです。

主要5教科だけではなく、音楽など実技4教科の成績も大幅に向上しました。

良い成績が取りにくいといわれる四中でも、本気になれば成績は上がります。

次も四中の男子生徒です。

この生徒も前述の生徒と競うようにして成績が上がりました。

入塾時点は一つもなかった「5」が、3年生12月時点では三つに増えました。

足立九中の女子生徒の例もご覧ください。

真面目な生徒で、中2の夏前に入会した時点でまずまずの成績でした。

しかし、本人は満足せず、常に大幅な成績アップを目指してきました。

最後は中3になる直前に入塾した足立九中の男子生徒です。

入会時には主要5教科のいくつかが「2」でしたが、それがなくなりました。

繰り返しになりますが、生徒本人がその気になれば、学校の成績を大きく向上させることは難しくありません。

私や講師は生徒を“その気”にさせるために、いつも生徒に働き掛けています。

 

「基本的人権」、整理できていますか?

中学3年生の皆さんは今、社会で公民を学んでいますね。

難しい言葉がたくさん出てきますし、中学生にとっては身近ではない内容も多いので、混乱している方も多いのではないでしょうか。

公民を勉強するうえでお勧めなのは、体系化して覚えることです。

例えば、日本国憲法の三大原則と言えば「国民主権」と「基本的人権の尊重」、「平和主義」ですね。

このうち基本的人権には様々な権利が出てきます。

それを図式化して整理すると覚えやすいですよ。

参考までに添付します。

このほかでは国会と内閣の役割がごちゃまぜになってしまっている方も少なくないでしょう。

それぞれの役割を、まずはノートに整理してください。

私が毎週土曜日に行っている社会の無料授業で、生徒に勧めている勉強方法の一部をお示ししました。

参考にしていただければ幸いです。

 

共通テスト、国・数の記述式も延期を検討?

再来年の1月、大学入試センター試験に代えて実施される大学入学共通テスト。

センター試験同様のマークシート方式に加え、国語と数学で記述式問題が出題される予定となっています。

この記述式問題、実施が延期されるかもしれません。

読売新聞が速報で伝えています。

読売新聞のニュースによると、公明党の文部科学部会が提言文を萩生田文部科学大臣に手渡すそうです。

同党は、再来年の実施には受験者などの理解が得られないと判断したようです。

与党内から起こった実施延期の声だけでに、今後の動向に注意を向ける必要があります。

中3の社会の偏差値、じわじわ上昇中

9月21日から都立高校を目指している中学3年生を対象に、毎週土曜日、無料で社会の授業を行っています。

先週土曜日の授業がちょうど折り返し地点でした。

授業の成果がVもぎの結果に表れています。

社会の授業を開始する前の8月の模試の平均偏差値と、11月模試の平均偏差値を比較しました。

平均で2アップです。

もちろん、この上げ幅ではまだ十分とは言えません。

1月のVもぎでは8月に比べて「平均で5アップ」が目標です。

都立高校の入試直前まで、毎週土曜日に社会の授業を続けていきます。

来年2月の入試直前は日曜日にも教室を開け、社会の授業と英語のリスニング特訓を無料で実施する予定です。

まだどの塾の冬期講習も申し込んでおられない中3の皆さん。

英才個別学院梅島校の冬期講習を受講すれば、来年2月まで社会を無料で受けることができます。

是非、お問い合わせください。

中3生、怒涛の内申アップ!

区立中学校で三者面談が始まりました。

面談を終え、成績=内申が判明した3年生の生徒から続々と報告が上がっています。

2年生の学年末の成績と比べて大きく飛躍した生徒が続出です。

四中の男子生徒は年生の学年末と比べて国語と数学、英語の3教科の合計が4、理科と社会を加えた5教科の合計が6、9教科の合計が9上がりました。

もう一人、別の四中男子は3教科合計が3、5教科合計が4、9教科合計が8アップ。

九中の女子生徒は3教科合計が3、5教科合計が4、9教科合計が6上がりました。

この他にも内申アップが続出です。

九中女子:3教科合計が2、5教科合計が2、9教科合計が3アップ。

九中男子:3教科合計が3、5教科合計が4アップ、9教科合計が4アップ。

九中男子:3年前期の成績と比べて3教科合計が1、5教科合計が2、9教科合計が6アップ。

今回の内申を11月に受けたVもぎの成績に当てはめると、合格確実圏内に入っている生徒が多数います。

とはいえ、ここで気を抜かずに受験勉強に専念しましょう。

子供の読解力に黄信号

経済協力開発機構(OECD)が、79カ国・地域の15歳約60万人を対象に2018年に実施した「国際学習到達度調査」の結果を公表しました。

日本の15歳の読解力は全体の15位。

3年前の前回調査の8位から大きく順位を下げました。

日本はOECD平均に比べてノンフィクションや新聞を読む割合が低いという結果も出ています。

一方でスマートホンなどでの短文のやり取りである「チャット」を毎日しているのは87.4%で、OECD平均の67.3%を上回っています。

日本の読解力の順位が落ちた原因は定かではありません。

しかし、私が塾の経営に乗り出した約10年前に比べて、国語で苦しむ生徒の割合は増えていると肌で感じています。

10年前と言えば、スマホが普及し始めたころ。

あながち無縁ではないように思われます。

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。