都立高の合同説明会、今年はオンラインで

毎年秋に都内3会場で実施されてきた都立高校の合同説明会。

新型コロナウイルス感染症の影響で、今年はオンラインでの実施となりました。

第1回は10月25日(日)で東部地域の約70校が参加。

第2回は11月1日(日)で多摩地域の70校が、第3回は11月8日(日)で中部地域の約70校が参加します。

東京都教育委員会が特設サイトを設けるので、そこへ事前に申し込みます。

申込期間は第1回が10月1日~10月15日正午、第2回が10月8日~10月22日正午、第3回が10月15日~10月29日正午です。

応募者多数の場合は抽選となります。

特設サイトでは各都立校のLive配信、個別相談、都立高校基礎知識講座、専門高校魅力配信コーナーが設けられます。

まだ志望校を絞り切れていない中学3年生の皆さん。

志望校を選ぶ最後のチャンスです。

是非、このオンライン合同説明会に参加してください。

足立四中3年生、地理の対策してますか?

明日から3日間、足立四中の前期末考査が行われます。

四中の皆さん、試験勉強はばっちりですか?

3年生には高校入試を見据えた問題が出題される教科があります。

そのうちの一つが社会です。

学校では随分前に習い終えた地理の問題が出ますね。

資料の読み取り、雨温図、地形図など、都立高校の入試で必ず出る“鉄板問題”。

これらの問題は丸暗記では対応できません。

例えば雨温図の問題。

日本各地で雨温図の特徴が異なるのはなぜか。

2年生で習った理科の「天気とその変化」の知識があれば推測できます。

英才個別学院梅島校では、塾生に配った対策プリントに地理の問題も加えました。

さらに今週の土曜日、3年生を対象とした社会の無料講座がスタートします。

都立高校の入試直前まで続けるその講座で、生徒を鍛えていきます。

開校以来、毎年実施してきたこの講座の効果はばつぐん、自信があります。

本日は足立九中生が集合!

足立区立中学校に通う生徒を対象とした無料期末テスト対策会の2日目。

本日は足立九中生が対象です。

正午に1年生から3年生までが教室に集まり、対策プリントと格闘しています。

間違えた問題や分からない問題があると、その場で講師が教えています。

前期の成績が決まる大切な期末テスト。

特に3年生にとっては、高校入試に使う成績に大きく影響するとあって真剣に取り組んでいます。

午後5時終了予定ですが、果たしてその時間に終わるかどうか。

明日も自習に来る生徒がたくさんいると思いますので、質問に答えていきます。

 

足立四中のテスト対策会を実施しました

本日の正午から、足立四中生を対象とした無料テスト対策を実施しました。

各学年の試験範囲に合わせたプリントを、どの生徒も黙々と解いていました。

分からない問題があると、講師が即座に教えました。

1年生の中には「こんなに長時間続けて勉強したのは始めて」という生徒も。

対策会は午後5時までの予定でしたが、意欲的な3年生は残って勉強を続けました。

足立四中の前期末考査は来週後半に実施されます。

来週は自習に来る生徒が多いと思いますが、少しでも良い点数が取れるように支援していきます。

追試や振替、各大学の対応の確認を

2021年度入試において追試験を実施する国立大学は96.3%、公立大学は71.7%、私立大学は30.0%――。

文部科学省は2020年9月2日時点の集計結果を公表しました。

文科省は、新型コロナウイルス感染症対策に伴う試験期日や試験実施上の配慮を各大学に要請しています。

追試験を実施するのは国立が79大学、公立が66大学、私立が178大学。

一方、追試も振替も行わないのは私立の10大学で、検討中は公立21大学、私立70大学となっています。

文科省のホームページに各大学のWebサイトへのリンクが張られています。

テスト対策のお申込みは本日20時まで

英才個別学院梅島校では足立四中と九中の無料テスト対策を行います。

四中は明日12日の正午から、九中は明後日13日の正午から。

国語と数学、英語、社会、理科の5教科について、各中学校各学年の試験範囲に合わせた対策プリントを作成済み。

当日はそれを解いていただき、分からないところや間違えたところを講師がその場で教えます。

塾生以外の方も、ご参加いただけます。

ただし、両日とも先着5名様までとさせていただきます。

まだ定員に達していないので、今からでもお申込み可能です。

お申込みは本日20時までですので、ご希望の方はお電話かメールでお申込みください。

電話:03-5888-1400

メール:umejima@eisai.org

 

赤本を揃えたい時期ですが……

毎年この時期から、高3受験生が志望する大学の過去問集、通称“赤本”の最新版を購入し始めます。

そこで出版元の教学社のホームページで、各大学の赤本の発刊状況を調べました。

今月から来月にかけて、相当の数が発刊される予定です。

「例年より発刊時期がやや遅れているのかな」と感じています。

しかし、慌てる必要はありません。

発刊されたものから順次購入し、来月の授業から使っていこうと考えています。

古い赤本を捨てられないのが悩みの種。

これから購入する分をしまう場所を考えないと……。

英才個別学院梅島校では、教室にある赤本が解き放題です。

受験勉強のラストスパートに入っている高3の皆さん、志望校の過去問をたくさん説きたくはありませんか?

中高生の半数以上が勉強計画を上手く立てられない

「勉強計画を立てるべきだと思う」中高生は9割以上に達するが、半数以上が上手く計画を立てられていない――。

文房具大手のコクヨが、全国の中高生に対して実施した調査で、このような結果が明らかになりました。

この調査は今年6月に実施し、824名から回答を得ました。

「勉強計画を立てるべきだと思う」という設問に対し、「とてもそう思う」「ややそう思う」と回答した割合は91.4%。

一方、「自分は勉強計画を立てることができている」という設問に対しては、「あまりそう思わない」「まったくそう思わない」合わせて54%となりました。

計画を立てられていない理由としては、「計画を立ててもその通り実行できない」という回答が最多となりました。

実行できない計画には、どこか欠点があるに違いありません。

「1時間で自分がどれだけの量の問題を解けるのか」「どれだけの量を暗記できるのか」といったモノサシを持っていないと、計画倒れに終わりますよ。

 

 

テスト対策プリント、整いました

足立区立中学校の前期末考査が近づいてきました。

英才個別学院梅島校では各中学校各学年の試験範囲に合わせた対策プリントを作成し、生徒に配布しています。

昨日、1年生が範囲表を持ってきてくれたので、早速プリントを作成しました。

これで足立四中、九中とも全学年の対策プリントの作成を終えました。

ただ生徒にプリントを渡すだけではなく、テスト対策会と銘打った勉強会も実施します。

3密を避けるため、今回は中学校ごとに日を分けて実施します。

四中生対象の対策会は9月12日の土曜日、九中生対象は9月13日の日曜日です。

いずれも正午から夕方まで、みっちりと勉強してもらいます。

対策プリントは国語と数学、英語、社会、理科の5教科分用意しました。

塾で受講していない教科の面倒も見ます。

塾生以外の方も、テスト対策会にご参加いただけます。

もちろん、対策プリントも差し上げます。

ただし、両日とも先着5名様までとさせていただきます。

参加ご希望の方は教室までお電話かメールでお申し込みください。

世界大学ランキング2021を発表

英国の高等教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が2021年の世界大学ランキングを発表しました。

このランキングは毎年この時期に発表され、今回が17回目となります。

93カ国の1527校がランク付けされ、そのうち日本の大学が116校(国立57校、公立12校、私立47校)を占めました。

この数は米国の181校に次いで2位です。

ただし、トップ200に入った日本の大学は東京大学(36位)と京都大学(54位)の2校のみです。

私立大学では産業医科大学と藤田医科大学、帝京大学が500位以内に入りました。

中国をはじめとするアジア勢の台頭が目立つなか、日本では世界トップクラスの層を厚くしていくのが課題となっています。

 

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。