都立高入試における感染症への対応

都立高校の一般入試が約1カ月後に迫ってきました。

東京都教育委員会がホームページで、令和3年度入試における新型コロナウイルス感染症への対応を公表しています。

受験生の皆さんは念のために目を通しておいてください。

内容を要約すると以下の通りです。

①新型コロナウイルスに感染している場合は受検できない

②発熱がある受験生の扱い

・37℃以上37.5℃未満の発熱の場合、追試験の受験を促すが、希望者は別室で受験可能

・37.5℃以上の場合は追試験を受験

③濃厚接触者とされた受験生の扱い

原則、受験できないが、以下のアからエまでの全ての条件を満たしている場合は受験可能

ア:自治体によるPCR検査または検疫所での抗原定量検査の結果、陰性であること

(一般のクリニック等での検査は不可、検査結果が判明するまでの期間も受験不可)

イ:受験当日も無症状であること

ウ:電車、バス、タクシーなど公共交通機関を利用せず、かつ人が密集する場所を避けて会場に行くこと

エ:終日、別室で受験すること

受験生は常にマスクを着用するとともに、予備のマスクの持参を。

受験会場に入る前にはサーモグラフィによる検温を実施。

教室の出入り口に速乾性アルコール製剤を設置するので、入退室時には手指の消毒を。

換気のために窓の開放などを行うので、防寒着の持参を。

休憩時間にトイレへ行く場合は、密を避けるために監督者が順番に案内する。

緊急事態宣言が発令される中、不安な日々を送っている受験生は多いと思います。

感染しないための対策を日々徹底してください。

道真公頼みというわけではありません

昨日、湯島天神にお参りして、受験全員分のお守りをいただいてきました。

昨日と今日、それを生徒に配りました。

私は毎年、湯島天神にお参りして受験生の合格をお祈りするとともにお守りをいただき、配布してきました。

決して菅原道真公頼みというわけではありません。

お守りを渡す目的は一つです。

入試当日はどの受験生も緊張します。

周りの受験生が自分より賢く見え、不安になる生徒もいます。

そんな時、お守りを見て少しでも緊張を和らげることができたらと思うのです。

どの生徒も一生懸命勉強してきて実力を付けてきました。

入試当日はその力を100%発揮してもらいたいです。

今週末はいよいよ大学入学共通テスト。

受験シーズン本番を迎えます。

入試本番まで努力し続けることを生徒たちに伝えていきます。

 

 

少し遅れて初詣に

例年、正月三が日に湯島天神へ参拝するのを慣わしとしています。

今年は密になるのを避けるために自粛しましたが、本日の午前中、少し遅れて初詣に行って参りました。

空いていたのでゆっくりとお参りすることができました。

受験生全員の合格をお願いしてきました。

合格祈願のお守り、受験生全員分をいただいてきたので、生徒たちに配っていきます。

今週末はいよいよ大学入学共通テスト。

今月後半には千葉県内の私立中・高の入試があります。

月末には私立大学の一般入試が始まり、その後、都内中学校の入試、都内私立高校の入試、都立高校の入試、国公立大学の入試と続きます。

私も講師陣も体調管理を万全として指導にあたっていきます。

この時期、ナーバスになる受験生は多いのですが、そうしたメンタル面のケアもして参ります。

「ここまで頑張ってきた生徒たちの努力を無駄にしたくない――」

その一心で臨みます。

共通テスト当日の天候は?

今週末の土曜日と日曜日に大学入学共通テストが実施されます。

昨年度までの大学入試センター試験に代わる初めての試験。

どんな問題が出るのかと受験生の皆さんは不安だと思います。

これまでに実施されてきた各種の模試や想定問題集を見ると、基本ができていれば恐れることはありません。

これまで勉強してきた成果を遺憾なく発揮してください。

気になるのが試験当日の天候ですね。

気象庁の予報によると、16日の土曜日は晴時々曇りで最高気温が15℃、最低気温は3℃。

17日の日曜日は曇り時々晴で最高気温が10℃、最低気温が2℃となっています。

雪で交通機関がマヒすることはなさそうですが、土曜日と日曜日とでは気温差がありそうです。

入試当日は服装に気を付けてください。

実際に試験を受ける部屋の環境は、当日行ってみてからでないと分かりません。

薄着で寒いと集中力が低下しますし、たくさん着込んで暖か過ぎてもダメ。

脱いだり着こんだりが容易な重ね着をして、温度調節をしましょう。

携帯カイロやポケットティッシュに加えて、今年は予備のマスクやアルコールティッシュなどもお忘れなく。

受験生の皆さん、頑張ってください!

 

中1、中2の模試を実施

模試を受けるのは受験生だけではありません。

本日の正午から区立中学校に通っている中1と中2の模試を実施しました。

どちらの学年も国語、数学、英語、理科、社会の5教科を受けました。

さすがに中2、テスト直前まで教科書や参考書を開いて確認している生徒が目立ちました。

一度に続けてこれだけのテストを受けるのは初めてという生徒も多く、終了後は疲れた様子でした。

この模試では都立高校と私立高校、それぞれ3校ずつ志望校を記入して判定を出します。

都内の多くの塾が参加するので、信頼のおける偏差値も出ます。

結果は今後の進路指導などに活かしていきます。

第2回「都立そっくりテスト会」を実施

本日の正午から、都立高校を目指している中3は模試を受けています。

都立入試そっくりのテストで計5回実施するうちの2回目です。

1回目を実施したのが昨年12月27日。

その後、冬休みの期間に講習の授業をたくさん受けてきました。

2教科が終了した段階ですが、どの生徒も前回より得点がアップしています。

来週の日曜日は「Vもぎ」を受け、再来週の日曜日は第3回のテスト会。

中3生に休みはありませんが、苦にする生徒はおりません。

今月後半、Vもぎやテスト会の結果を基に最後の三者面談を実施し、出願する高校を決定します。

合格を確実に勝ち取るために、授業を行うだけではなく複数の模試を実施して成果を測る。

きめ細やかな進路指導を最後まで行うのが英才個別学院の特徴です。

社会の無料講座を再開

都立高校を目指している中3生を対象に、9月半ばから実施してきた社会の無料講座。

学校が冬休みの間は午前中から冬期講習の授業を組んでいたために休止していました。

本日から再開です。

この講座ではまず都立入試そっくり問題を解かせます。

その後、答え合わせです。

単に正解を教えるだけではありません。

1時間半程度の時間をかけて重要な関連知識を教えていきます。

本日で12回目を数え、どの生徒も冒頭のテストの正答率が上がってきました。

ただし、授業を真剣に聞いて板書を写してきた生徒と、そこまで真剣に取り組んでこなかった生徒との間で格差が生まれてきました。

それほど正答率が高くない生徒には危機感を植え付けていきます。

社会の無料講座は都立高校入試の直前まで、毎週土曜日に続けていきます。

感染症対策に注力しています

受験シーズンが本格化する直前に発令された緊急事態宣言。

どの入試もスケジュール通りに実施されるようですが、心配な受験生は多いことでしょう。

英才個別学院梅島校では可能な限りの感染症対策を実施しながら授業を行っています。

①入室前の手指の消毒徹底

教室に入る前、すべての講師、生徒に洗面所へ行ってハンドソープで手洗いすることを義務付けています。

その上でアルコール消毒して入室となります。

②教室内では常に全員がマスクを着用

当然のことながら室内にいる全員にマスクの着用を義務付けています。

余計なおしゃべりも禁止です。

③入室時には全員検温

非接触型体温計で全員をチェック。

37.5℃以上の場合は入室できません。

④教室内を適宜換気

こまめに窓やドアを開けて換気しています。

⑤通常の半分の定員で授業を実施

生徒間、生徒と講師の間の距離を開けるため、一度に授業を行う生徒数は教室のキャパシティの半分以下にしています。

⑥最新型の業務用空気清浄器を導入

家電量販店では販売していない業務用の空気清浄器を新たに導入しました。

加えて従来からあった空気清浄機も稼働させています。

教室内の湿度を保つため加湿器も3台稼働させています。

当教室は一般社団法人日本感染症対策協会から「新型コロナ対策 店舗・施設」に認定されています。

生徒の皆さんが安心して授業を受けられる環境を提供して参ります。

都立高志望校調査の結果(仮の倍率)

令和3年度都立高校志望校調査(校長会調査)の結果が明らかになりました。

都内公立中学校の3年生は、昨年12月の三者面談で担任の先生に志望校を伝えたと思います。

その人数を、東京都教育委員会が都内すべての公立中学校から吸い上げて集計したものです。

いわば「仮の倍率」といったものです。

全日制高校の志望倍率は1.22。

平成29年度:1.34倍→平成30年度:1.28倍→平成31年度:1.25倍→令和2年度:1.24倍といった具合に下がり続けています。

23北東部に位置する旧4、5、6学区にある普通科の男女別志望倍率を表にしてみました。

高倍率で難化が予想される高校、その逆の高校様々です。

都立高校への出願は2月5日(金)と8日(月)。

今年は各校が指定する場所へ郵送となります。

この志望校調査の結果は、出願先を決める要素となりますね。

本日から授業再開です

明けましておめでとうございます。

英才個別学院梅島校は本日から授業再開です。

年が明け、いよいよ入試が迫ってきました。

埼玉県内の私立中学校の入試を皮切りに、来週末には大学共通入学テストが実施されます。

その後、千葉県内の私立中学校の入試が今月内に行われます。

月末には私立大学の一般入試が始まり、月が替わると都内私立中学校、都立中高一貫校の入試が。

その後、都内私立高校、都立高校の入試と続きます。

今日も早い時間から自習に来る生徒が多数おりました。

全ての入試が一段落する来月末まではノンストップで走り続けます。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

個別指導の「英才個別学院梅島校」はリーズナブルな授業料が魅力の学習塾です

「英才個別学院梅島校」の小学生コースは、学びの楽しさを教え、将来にわたってしっかり学習習慣が身に付き、自ら学ぶ力を育む指導をしております。講師の実践から始まる指導、本人に気づかせる教育、問題を解く際は講師がその工程をイチからチェックし、問題が解けたらしっかりと褒めます。

中学受験を目指すお子様への指導はもちろん、学校の勉強についていけないとご心配のお子様でも、つきっきりで指導する個別指導の学習塾ですから、お子さんのペースや目標に合わせて学べます。

「英才個別学院梅島校」では、お子様が入室・退室された時刻をメールでお知らせするセーフティーメールを配信しております。大切なお子様の安全を守り、保護者との信頼関係もしっかり築ける体制を整えております。